ゴルファーズクリニックは
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス内のカテゴリーです。
ゴルファーへのメッセージ
「長期的に患っている症状の改善のためにゴルファーズクリニックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、パフォーマンス向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-31-7
新宿御苑ダイカンプラザ 106
電話 03-3350-9133
Mail info@golfersclinic.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

よくある質問

◆ Q&A

Qフルショットするから腰痛や体の症状になるの?

Aフルショットもたまにはするのがゴルフの楽しみだと思います。通常、フルショットしても痛くはなりません。痛くなる要素が体にある、つまり、フルショットに耐えられない体の人は痛めます。フルショットしても痛めない体に整える事が大切です。体がフルショットに耐えられれば、いざというときにビックショットが打てるかも知れません。

スイングに現れる多症状のページへ

Qスイングが悪いから痛めるの?

Aスイングが良いか悪いかは判断できませんが、体に悪いスイングはあります。それは、自分の体に無理のあるスイングをいいます。例えば、体に窮屈なスイングや、体にムリのあるスイング、自分の考えと合っていないスイングのことです。あまりにも自分を締め付けたスイングは、痛める原因になりますので注意して下さい。

ゴルフの難しさを知っているから、ゴルファーの気持ちが分かるページへ

Q体が硬いから痛めるの?

A体が硬くても痛めません。むしろ、体が硬い方が飛びます。しかし、体を硬くしてスイングしていると痛めます。この「体が硬い」のと、「体を硬くしている」のでは意味が違います。体がもともと硬い人は、その許容範囲でスイングすることになります。ところが、体を硬くしてしまうというのは、緩ませられない状態ですから、不意の動作に耐えられず痛めるケースがあります。もし、フルショットした後に体のどこかに痛みを感じるようですと、体を硬くしているかも知れません。その場合は早期治療をおすすめします。

動きの悪い体の改善ページへ

Qゴルフは体に悪い?

Aゴルフはかたよった回転運動だから体に悪いと言いますが、そんなことはありません。しかし、頭を動かさないで打つとか、足をその場からスウェ―させないで打つなどの、体をstopさせる思考は痛める原因になります。動きのあるスポーツですから、自分の体を止める意識より、動きのある意識にした方が体にいいのでお勧めしています。

ゴルファーズクリックコンセプトページへ