ゴルファーズクリニックは
つちこカイロプラクティック内のカテゴリーです。
ゴルファーへのメッセージ
「長期的に患っている症状の改善のためにゴルファーズクリニックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、パフォーマンス向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-31-7
新宿御苑ダイカンプラザ 106
電話 03-3350-9133
Mail info@golfersclinic.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

バックナインで打ってしまうタイプのメンタル治療

治療は痛みのある部位を中心にアクティベータ器による施術を行い、機能障害の改善を図ります。ここでもっとも大切なことは、症状を起こす「原因」になります。症状のある部位自体の問題なのか。症状のある部位は二次的なものなのか。様々な要因があると思います。この要因をゴルファーのタイプや今の課題から総合してもっとも重要な部位にアクティベータ治療を行います。さらに、慢性的に繰り返していれば、PCRTによって症状を繰り返すクセ=誤作動記憶を治療します。以下に、様々なケースを記載しています。

お問い合わせページへ

施術説明ページへ

ゴルファーズクリニックの詳しい解説

◆ 午後のラウンドがキーの方にできること

前半は良くても、後半で帳尻合わせてしまうゴルファーは多いようです。そんなプレーヤーにはメンタルブロックが確実に存在しています。もちろんスコアメイクだけが、ゴルフの楽しみではありませんが、スコアメイクしたいプレーヤーにはこのメンタルブロックの存在を知ってもらいたいです。メンタルブロックとは、ご自身の無意識の中に存在するある足を引っ張る要素のことです。意識の中では80%いいスコアを求めても、無意識の中の20%は、ミスする自分が当たり前と思っていたり、今までいいスコアが出ていないから未来も同じように続くと無意識に思っていたり、いつものスコアが安心と無意識で思っている自分がいるかも知れません。もちろん無意識だから分からないのですがね。

 

◆ いいスコアには精神的負荷

ご自身の望むいいスコアを出すには、精神的な負荷がかかることはご存じでしょうか?この負荷から逃れたい自分が無意識の中にいるかも知れません。それがメンタルブロックです。例えば、日本人特有のケースとしてベストスコア80の方に、明日いつも行くゴルフコースでホールアウトした情景をイメージしてもらいます。プレー後ご自身は飛び跳ねるほどうれしいスコアでラウンドできました。さて、いくつでラウンドしましたか?と質問しますと、メンタルブロックのあるプレーヤーは82でしたなどと答えます。このように答えたプレーヤーにどうしてベストが80なのに、82回で飛び跳ねるほどうれしいと思えるのですか?と聞くと、最近はそれほどいいスコアが出ないからなどの答えが返ってきます。ここがメンタルブロックなのです。自分にはムリだと、はなっから決めつけているのです。飛び跳ねるほどうれしいスコアといえば78とか72と答えが返ってくるのが普通です。まず初めに、このムリと思い込んでいる自分を知ってもらい、再設定してもらうことでメンタルブロック解除を行うと、ベストスコア更新はすぐです。イヤイヤ私はそんなことはないと思っている方は、ゴルファーズクリニックのメンタル治療を受けてみてください。ご自身の中の隠れたメンタルブロックがあるかも知れませんよ。

お問い合わせページへ

PCRT(心身条件反射療法)治療ページへ