ゴルファーズクリニックは
つちこカイロプラクティック内のカテゴリーです。
ゴルファーへのメッセージ
「長期的に患っている症状の改善のためにゴルファーズクリニックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、パフォーマンス向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-31-7
新宿御苑ダイカンプラザ 106
電話 03-3350-9133
Mail info@golfersclinic.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

ゴルフをするのに頚椎症では、お困りでないですか?

ゴルフで頚椎症と診断されて困っている
“あなた”へ

◆ こんな症状でお困りでないですか?

  • 首を痛めるのではないかと心配で思い切りスイングできない
  • スイングで首を気にしてしまう
  • 固まっている首が分かる
  • 首を動かすと痛みがある
  • 腕の方にまでしびれる
  • 頭痛にもなる

◆ ゴルフで首が痛くなると…

あまりの痛みに専門医にてレントゲンやMRIなどで頸椎の状態を確認されたのではないでしょうか?大変心配されたと思います。

人によっては「ストレートネック」だからとか、「首のカーブが良くないとか」、「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」の診断をされた方もいるかもしれません。

こうなるともう二度とゴルフはできないのではないかと思われるかも知れません。

それでもゴルフをあきらめたくない方や、他の治療を探しているプレーヤーには、もう一つの選択肢を考えてもらいたいです。

 

ゴルファーズクリニックでの頚椎症の診断を受けた患者さんの喜びの声

● 頸椎椎間板ヘルニアの診断をされて10年

Y.Tさん、57歳、男性、会社員

頸椎ヘルニアと診断されて10年、いろいろ試して来ました。まだ結論は出てませんが、病気は自分で治すものと思っています。それを助けてくれるすばらしい指導者として土子先生を信頼しています。土子先生の施療が終わると首が「まっすぐ」になることが実感でき、可動域がひろがってとても楽になります。この状態をいかにキープするかが、今の課題ですが、以前と比べてゴルフをした後の首の痛みが軽減され、スコアも良くなりました。

◆ 実は、骨の形をどうのこうの言う見解は古い

ストレートネックだから首が痛いという根拠は全くないのです。

何より、調子のいい日もあったと思います。その日は、ストレートネックはどうなっていたのでしょうか?

〇 調子の良い日のストレートネックはどうなってるの?

首の形が悪いとか、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症だと診断されても、イコール痛みにつながるとは限らないのが本当の話なのです。

なかなか信じてもらえないのですが。

その証拠に、調子の良い日もあるのではないですか?昨日今日急に首が変形することはありません。

〇 首の形が悪い、ヘルニア、狭窄症があるのに、ゴルフプレーできる日はどうなってるの?

本当に首のヘルニアや骨が神経を圧迫して症状が出ていたら、すぐにゴルフは止めて安静にした方が良いです。神経を傷つけたら体は全く動かなくなってしまいます。

神経を圧迫するとはそれほど危険なことなのです。

それが“あなた”なのでしょうか?

ここは良く検証する必要があります。

※もし神経圧迫を疑う所見がありましたら、すぐに専門医への受診を勧めています。

機能改善が最も重要!首が動けばゴルフはできる!

◆ 重要なのは「動きがある」か「動きがないか」なのです

「形」ではなく、「機能」が大切なのです。

レントゲン写真やMRI映像はただの写真です。

機能とは、動きがスムーズにできるか?スイングに対応できる関節と筋肉と神経の連動ができるかどうかなのです。

〇 「形」ではなく「機能」が大事!

ご自身の頚椎症という診断に違う施術をお探しの方はご連絡ください

一緒に問題解決をしましょう。

未来は明るいものになりますよ。

   

ご予約は電話一本ですぐ

電話番号 03-3350-9133

丸の内線 新宿御苑前駅から徒歩2分です

お気軽にお問合せください

笑顔で対応させて頂きます

詳しくは お問い合わせページをご覧ください

お問い合わせページへ