ゴルファーズクリニックは
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス内のカテゴリーです。
ゴルファーへのメッセージ
「長期的に患っている症状の改善のためにゴルファーズクリニックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、パフォーマンス向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-31-7
新宿御苑ダイカンプラザ 106
電話 03-3350-9133
Mail info@golfersclinic.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

選ばれる5つの要素

1. 本格的にゴルフを日本・アメリカ・オーストラリアで学んだゴルファーが治療

日本では研修生として研修会の試合に参戦し、アメリカではゴールデンステートツアー(ミニツアー)に参戦、オーストラリアでは、クフォリファインスクール(プロテスト)を2回受けました。この時のHCは2でした。 世界のプレーヤーを実際に見ると、日本人は独特の感性と考え方でゴルフプレーをしていました。 院長の土子は、世界のゴルファーと接した事により、ゴルフプレーを幅広く見ることが出来ます。この経験を治療に生かしています。

スイングに現れる多症状のページへ

 

2. ゴルファー一人一人に合わせたオーダーメードの治療

ゴルファーでも様々なタイプがいます。ツアープロ、レッスンプロ、ローアマ、シングルプレーヤー、アマチュアゴルファー、初心者ゴルファー、男性女性、そして、高齢者、若者。ツアープロでしたら試合でのプレッシャーやイップスや体の動きを制限する要素を治療しますが、初心者ゴルファーでしたら、あらゆるゴルフスイングに対応できるように、体の硬さを治療し柔軟性をつけるケアーをします。また、高齢者ゴルファーには、ご自身の体が最大限発揮できるように治療します。10年以上のゴルファー治療を生かし、全てのゴルファーにオーダーメイドの治療を致します。

ゴルファーのレベルに応じたオーダーメード治療ページへ

 

3. メンタルと体の側面からゴルファーを治療

メンタル治療を行うために、PCRT(心身条件反射療法)治療のマスター認定資格を取得しました。メンタルと言いますと一般的に精神的なものを指しますが、私は症状を引き起こす「誤作動記憶」と言っています。そのためイップスや長年の症状(慢性痛)は間違った記憶があるのです。治療は間違った記憶を書き換えることで改善へと導いていきます。現在この治療法のインストラクターとして全国の臨床家に紹介しています。

院長 土子のアプローチイップス経験談ページへ

PCRT(心身条件反射療法)治療ページへ

日本のPCRT(心身条件反射療法)本部ページへ

 

4. WHO(世界保健機構)も認める国際基準のカイロプラクティック資格取得

RMIT大学日本校カイロプラクティック学科を2005年に卒業し以下の学位2つを取得しました。
Bachelor of Chiropractic Science (カイロプラクティック理学士)
Bachelor of Applied Science(応用理学士)
この学位は国際基準のカイロプラクティック学を4200時間の教育プログラムを修了しWHO(世界保健機関)が定めた教育基準を満たしております。

現在のTCC(東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック)サイトへ

RMIT UNIVERSITY(オーストラリアはメルボルンにある本校サイトへ

 

5. アクティベータ・メソッド国際認定を取得し、現在は実技指導員として全国の治療家を指導

アクティベータ・メソッドとは、カイロプラクティックの中でもソフトな施術法としてアメリカでは知られています。このアクティベータ・メソッドの国際認定資格を取得しました。現在は実技指導員として、日本全国の臨床家にアクティベータ・メソッドを紹介しています。

 

アクティベータ・メソッドの創設者であるDr.ファーとも親しくお付き合いさせて頂き、2015年6月にアメリカはアリゾナ州のフェニックスにて、インストラクターセミナーに参加させて頂きました。アメリカでの最新情報を日本人臨床家に伝えています。

アクティベータ治療ページへ

日本のアクティベータ・メソッド本部ページへ

アメリカのアクティベータ・メソッド本部ページへ

 

ゴルファーズクリックコンセプトページへ